芝生バリカン MUM162の修理
今年の夏ごろだったか家内からクレームが。
「芝生がまったく刈れない。」

どれどれ、本当だ。
上下に2枚合わさった刃がお互いに左右に動いて芝生を刈るはずなのだが、
お互い同じ方向に動くから芝生を左右に揺するだけのなまくらになっている。
d0233316_22315387.jpg





よし、修理しよう。
と心に決めて早や数ヶ月。
いかん。これではいかん。
意を決して分解。


d0233316_22322660.jpg

バラすとこんな感じ。


d0233316_2232463.jpg

2枚重ねの刃。


d0233316_22331618.jpg

こちらは本体。
中心の金属の棒が回転軸、その軸に対して2枚の金属スリーブが
偏芯しており、かつ上下に配置してある。
これにより軸の回転運動を左右の揺動に変換して刃を動かしているのだろう。
なにがいけないのだ?
なぜ刃は揺動しない?


d0233316_22335414.jpg

なんと金属のスリーブは指で簡単に引っこ抜けた。2個とも。
そしてグリスでベタベタになっている。
よくよく眺めると、内側の部分がつぶれているようにも見えるが・・・。
オーバーロード(過負荷)?
ここで思い当たる節が。

春先に庭木の剪定をしようと思ったが植木用のはさみでちょきちょき
切るのが面倒になり、試しにこのバリカンを使ってみたらまぁ切れる切れる。
バリカンタイプだから上や横の長さを合わせるのにぴったり。
これは楽だとばかりに剪定していたら10mmくらいの枝を噛みこみ、
モーターがストップ。グ~ング~ンとつらそうな音を立てていたが
それでも刃先から枝を抜くとまた元気に動いてくれていた。
恐らくこの時だろう。

このグリスまみれの黒い部品はどうやって引っこ抜くのだ?
力ずく?
ま、いいや。取り合えずさらに分解してみよう。プラスねじを抜いてみると
いとも簡単に本体が左右に分離できた。


d0233316_2238283.jpg

おぉ、こうすれば簡単にこの部品は抜けるのか。
力ずくで破壊しなくて良かった。


d0233316_22384860.jpg

外した部品はどうやらナイロン製。エンジニアリングプラスチックだな。
6ナイロンのガラス繊維30%配合ということは、あそこんちの材料だな。
33%だとあそこ、35%だとあそこと大体決まっている。


d0233316_22393489.jpg

真っ黒のグリスを洗い流すと、なるほど内周の偏芯部が完全につぶれている。
これでは揺動出来ない。
推理どおりで気分がいいぞ。
で、どうするこれ・・・。



日を改めて平日に有休を取ったとき、時間を作ってマキタのサービスセンターに
行ってきた。この会社、我が安城市に本社があるのだがサービスセンターは
隣町の岡崎市。人口の多い街の方が効率がいいのだろうな。
受付の女性に
 ・160mm芝生バリカン
 ・モデル MUM162
と伝え、持参した先ほどのナイロンの部品を見せたらすぐにパーツリストの
分解図と照合してくれた。
d0233316_2240896.jpg

 品名 ヘリカルギヤ
 品番 KW00000523
とのこと。
2日後に入荷とのことだったがそうそう有休も取れないので
近所のホームセンターから発注すると告げてサービスセンターを後にした。

4日後、ホームセンターから入荷の連絡をもらったので受け取りに行った。
値段が高かったらどうしようとビクビクしていたが1個あたり220円。
念のため2個買ったので合計440円。
めちゃめちゃ安いな。さすがプロ御用達の工具メーカー。
補修部品を販売するのに嫌な顔ひとつせず、しかも値段も良心的。


d0233316_22404833.jpg

左が新品。右が先日外した旧品。ぜんぜん違うな、やはり。


d0233316_22412077.jpg

一気に組み立ててギヤにグリスを塗布。


d0233316_2241356.jpg

金属スリーブ挿入はやや抵抗を感じたが新品ギヤだからだろう。


汚れがたくさんついていたステンレスの刃も簡単に清掃、摺動部にグリスを
塗布してスムーズに動くようにしてから本体に組み付け。
d0233316_2242233.jpg

見事復旧。
樹脂製のギヤを1枚新品にしただけだから作業時間は写真を撮りながらで2時間くらいか。
部品の発注から受け取りに日にちが掛かったため2日に分けた作業だったが。

バリカン君、ごめん。
2度と植木の剪定に君を駆り出さないから。多分。
今後ともよろしく。

愛知県安城市 自宅にて
オリンパス E-410
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
[PR]
by jpn2282 | 2013-12-01 22:51 | 修理 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://ruruta.exblog.jp/tb/20048688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miyabine at 2013-12-01 23:31
相変わらず見事な修理とレポートですね。
読んでいるこちらもスッキリしました~。^^
Commented by norinoripoem at 2013-12-06 20:12
お見事であります。
やるな!
ここまではオイラは出来ないな。^^;
Commented by jpn2282 at 2013-12-07 12:45
miyabine 様
こんにちは。
おぉ、読んでいただいてしかもスッキリですか。
嬉しいコメントありがとうございます。
まだまだ精進します。
Commented by jpn2282 at 2013-12-07 12:47
ポエム 様
こんにちは。
お褒めいただきありがとうございます。
うまく修理できた案件のみご紹介しておりますゆえ。
実は私の背後には死屍累々なのです。
恥ずかしながら。
Commented by ユキクン at 2014-09-10 11:00 x
るるた様
はじめまして!
私もMUM162を使っていますが、ここまでの修理は出来ないな!
先日、庭木の枝を選定したら刃が傷んでしまいました。トホホ。
替え刃買わないと。



Commented by jpn2282 at 2014-09-12 00:52
ユキクン 様
こんにちは。
こちらこそはじめまして。
つたない修理レポート、読んでいただき誠にありがとうございます。
この機種、分解はすこぶる簡単ですよ。
機会がありましたら一度お試しください。
替え刃、安く手に入るといいですね。
Commented by 飯田哲夫 at 2015-06-18 19:41 x
るるた様
マキタの芝刈り機MN162の修理大変参考になりました。
リサイクルショップで、替刃付きで買いました。安いと思って買いました。
電気を入れたら、歯が動くのでOKと思ったしかし、草が切れない。
検索したら貴兄のページに辿り着いた。まさにそのとうりでした。
ヤフー検索の貴兄の下に、ヘリカルギアの入手の案内がありました。
貴兄の意見を参考に2個注文し、完ぺきに直りました。
有難うございました。
Commented by jpn2282 at 2015-06-27 23:29
飯田哲夫 様

はじめまして。
ようこそこんなむさ苦しいところへ。
また、とても嬉しいコメント誠にありがとうございます。
返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。
完璧に直ったとのこと、おめでとうございます。
安価に入手して直して使い倒す、とても素晴らしい行為だと思います。
お互いにガシガシとコキ使いましょう!
Commented by しんちゃん at 2017-08-09 14:03 x
こんにちは
我が家のマキタMUM-102バリカンも両刃がかみ合わず、振動ばかりでちっとも芝生が刈れないので、ネットで調べるうちに”るるた's weblog”にたどり着き、記事内容に沿って分解したら全く同じヘルカルギヤの偏心部分がかなりすり減っており、同部品とリング大、小それぞれ交換し治りました。
マキタさんのヘルカルギヤの素材仕様ミスなんでしょうね、
参考にさせていただきありがとうございました。
Commented by jpn2282 at 2017-09-23 18:37
しんちゃん 様
ようこそおいで下さいました。
ご返事遅くなり、申し訳ありません。
ここのギヤ、おそらくわざと樹脂にしていると考えています。
電化製品の過電流による破損防止のヒューズの役割ではないかと(モーターの保護ともしもの事故を防止)。
参考になってなによりです。
無事修理できたとのこと、おめでとうございます。
しっかり働いてもらいましょう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 乗り物への耐性 静寂 >>