不穏な切り株
新年最初のランニング同好会の練習のため町内の神社に
行ったら何か様子が違う。


d0233316_0173312.jpg

はて、結構な松の大木があったはずだが?

聞くと大晦日のかがり火が飛び火し、しかも幹の内側の
空洞部分が燃えたため消し止められず、元旦の明け方に
切り倒したと。
へぇぇぇ、そんなことがあるんだ。


d0233316_0175278.jpg

部分的に内部が空洞になっていたようで、確かに外側の樹皮は
なんともないのに内部は黒こげ。


d0233316_0181468.jpg

どこから火の粉が入ったのだ?
開口部が存在したということか。
そこから火の粉が内部に侵入、発火。
切り株をざっと見ると縦80cm、横70cmくらいか。
年輪は100本くらいありそう。
まさかこんな事で燃えてしまうとは。


d0233316_0183329.jpg

不穏な様相の切り株だけが取り残されていた。
火の用心。

愛知県安城市 神明神社にて
PENTAX K-5
FA 1:1.8 31mm
[PR]
by jpn2282 | 2014-01-05 23:56 | 日々のよしなし事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ruruta.exblog.jp/tb/20194836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by norinoripoem at 2014-01-08 19:32
大変な新年になりましてね!!
大事に至らなくてまずは良しか!^^;
Commented by takusachihiro at 2014-01-09 22:49
最後のカットがとてもアーティスティックだな~。
不穏で不穏を帳消しにするような安定感のある構図であります。
Commented by jpn2282 at 2014-01-11 22:16
ポエム 様
元旦の早朝、神社は大騒ぎだったそうです。
近隣にお住まいの方が「騒がしくて眠れなかった」
とのたまっておりました。
本殿に延焼しなくて良かったと思います。
Commented by jpn2282 at 2014-01-11 22:17
たくちん 様
お褒めいただきありがとうございます。
偶然撮影した1枚です。
精進します。
遊具を少しだけ入れたのが良かった、ってことですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 霜に覆われた朝 全日本味噌煮込写真家協会新年の集い >>