最期に
朝、番犬リキをおしっこに連れ出そうとしたら四肢に力が入らなく、立てなくなっていた。
仕方なく抱っこして外に連れて行ったがやはり立てない。
ぺたんと伏せてしまう。
これはイカンとばかりにおしっこもせず、家に連れて戻ったがそのまま伏せってしまった。
まずい、寝たきりか?

14時前、突然リキが首を上げてキョロキョロ回りを見渡し、我々を見つけたのか
じっとこちらを伺う。
リキ、どうした? 水が欲しいか?
すぐにまた伏せ、眠ってしまった。





ちょうど14時頃、家内が異臭に気が付いた。

ん?
ありゃ?
リキ、おねしょしちゃったか。

ありゃありゃありゃ。
敷布団からお腹からびしょびしょやん。
しょんぼりせんでいいよ。すぐにきれいにしてやる。

急いで二人でリキを拭き、床を拭き、その後おしっこにまみれた
布団や雑巾を洗っていたら
「コホン、コホン・・・。コホン。」
リキが咳をしたのか?
3回?

手を止めて覗くと少し水を吐いていた。

おいおい、リキ、大丈夫か。
すぐに拭いてやるからちょっと待て。

頭を軽く持ち上げ、口の下に洗ったばかりのタオルを入れて拭いてやるとなんだか様子が変。
心拍がとても速い。これはいかん。

先日動物病院の待合室で流れていたビデオでは30回/分の心拍が正常とか。
その時リキの心拍数を数えて安堵したのだが今はその倍、いやもっとか。

リキ、大丈夫か。脅かすなよ。

声を掛けても反応が無い。
左手を胸に当て、手のひらで心拍を感じながら右手で喉や耳の付け根後ろ側をマッサージする。
リキはここらをさすってやると気持ちよさそうに体を預けてくる。はずだった。

まったく反応が無い。

左手の、手のひらに感じる心臓の動きが徐々に弱まる。
拍動は速いままなのに、いや、むしろどんどん速くなっているのに動きだけが心細くなる。
大きな声を出して家内を呼びたかったが左手に全神経を集中しないと
もうほとんど心拍が感じられない。

リキ、駄目だ。まだ駄目だ。
今日はお前の、8歳の誕生日じゃないか。

俺はまだお前に介護の「か」の字もしてないぞ。
高齢犬用の缶入り栄養スープも買ってきたままだし、ペースト状のフードもそのままだ。

リキと私の異変に気づいた家内が背後から声を掛けてきたが、返事が出来なかった。
涙があふれて声が出せなかった。
家内のその声とほぼ同時に左手は拍動を見失った。

リキから鼓動が消失した。
きれいさっぱりとなくなってしまった。
まるで毛皮のコートに手をあてているかのように。

14時30分ちょうど、リキはこの世の最後の仕事とばかりに生命の灯火を静かに、厳かに消した。
いや、我々家族が気づくまで、最後の最期まで必死に戦い、灯し続けた。
力尽きるまで。
苦しそうな素振りを一切見せず。
ただこんこんと眠り続け。
d0233316_2332275.jpg

リキ、最期に俺の顔を見たか。びっくりして半泣きになった父ちゃんの間抜け面を。
リキ、最期に母ちゃんの声を聞いたか。お前のことが大好きで、日頃の細かな変化にもすぐさま気づいてくれた優しい母ちゃんの声を。
リキ、最期に兄ちゃんに会えなくて残念だったか。中学に入学して卓球部に入ったお前の兄ちゃんは今日午後から部活動の練習に行ってしまったんだ。

リキ。
最期に食べたかったものはなんだった?
最期に飲みたかったのは?
最期に行きたかったのはどこ?
最期に遊びたかったおもちゃは?
最期にもう一度家族みんなで、どのコースの散歩に行きたかった?

最後にお前が笑ったのはいつだったっけか。
最後にみんなで大笑いしたのはいつだったっけか。
最後に車で遊びに行ったのはどこだっけ。いつだっけ。
最後に雪で遊んだのはいつだっけ。
最後に家族みんなで長いコースの散歩に行ったのはいつだっけ。
最後に泳いだのはいつだっけ。
最後にドッグランに行ったのは。
最後に車のシートに飛び乗ったのは。
最後に神戸に行ったのは。
最後にいたずらをして俺に怒られたのは。
最後に2階の俺を起こしに来て、散歩の催促したのは。
最後にずぶ濡れになった雨の中の散歩は。
最後に大好きな爺ちゃんに会ったのは。
最後におなか一杯食べたのは。
最後のおやつの催促は。
最後に吠えたのは。
最後に寝返りをうったのは。
 ・
 ・
 ・
 ・


d0233316_2335488.jpg

みんな、今日が最後。
本当にありがとう。
安らかに眠ってな。
約束忘れるなよ。絶対だぞ。



愛知県安城市 自宅にて。
PENTAX K-5
DA 1:4 16-45mm
[PR]
by jpn2282 | 2014-01-18 23:18 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://ruruta.exblog.jp/tb/20248850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blackfacesheep at 2014-01-18 23:29
ああ、ついにこのときが来てしまいましたか。
本当に残念です。
でも、リキ君は、るるたさんちのワンコだったことを、きっと喜んでいると思いますよ。
その最後・・・るるたさんに抱かれて天国に行ったんだろうなあ。
リキ君の瞳には、ずっとるるたさんの顔が焼き付いてますよ。

そう、いつかずっと遠い将来かもしれませんが・・・
きっと虹の橋のたもとに、迎えに来ているでしょう。
その日まで、ちょっとだけサヨナラです。
がんばったね、リキ君、ほんとにおつかれさんでした。
Commented by jpn2282 at 2014-01-19 00:22 x
黒顔羊 様
暖かいお言葉、誠にありがとうございます。
サラリーマンという仕事柄、リキの死に目に会えない覚悟は
していたのですが、休みの土曜日、まさか我が手中で事切れるとは。
本当に親孝行の、忍耐強く賢いワンコでした。
「その日」がいつ来るかは分かりませんが
「その日」を楽しみにしたいと思います。
不謹慎ですみません。
そして弔いのお言葉、重ねてありがとうございます。
Commented by aitoyuuki32 at 2014-01-19 14:07
記事を読んでいて涙が止まりませんでした

Commented by miyabine at 2014-01-19 17:42
移動中の地下鉄車内で拝読しました。
題名で内容を察したうえでしたが・・・。
しばらく天井を見上げるしかありませんでした。

突然のことで、辛く悲しいばかりでしょうに
こうしてきちんと感謝の気持ちを言葉にしてもらって、
リキ君は絶対に幸せな最期だったと思います。

リキ君の安らかで幸せな眠りに合掌させていただきます。
Commented by tig3ti at 2014-01-19 19:52
コメントを読んで驚きました…
あまり調子が良く無いようでしたがまさか…
数々のリキ君の写真が思い出されます..。
Commented by jpn2282 at 2014-01-20 00:06
愛と勇気 様
こんばんは。コメントありがとうございます。
妙な勢いで書き散らかしてしまいました。
そしてご覧いただき、本当にありがとうございます。
また、大変失礼いたしました。
Commented by jpn2282 at 2014-01-20 00:08
miyabine 様
こんばんは。コメントありがとうございます。
また、弔いのお言葉も真にありがとうございます。
彼の冥福をただただ祈るだけです。
Commented by jpn2282 at 2014-01-20 00:09
tig3ti 様
こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に「まさか」の出来事でした。
リキの写真を思い出していただき、嬉しい限りです。
本人(犬)になり代わってお礼申し上げます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< その後 家庭内LANの配線 >>