人気ブログランキング |
暗い泥井戸との格闘-DELL STREAK 001DL-その1of3
支障いや師匠のblogに2011年8月28日付けで掲載されたエントリーを当時拝見し、
おぉ、これは私も行かねばと決意して1ヶ月と半月ほど後、師匠より1,000円ほど高かったけど題記のスマホをオークションで入手。
d0233316_22415193.jpg

自宅の無線LANの子機に設定し、就寝のお供として使っていた。
が、数ヶ月して突然不調に。
使用中突然のハングアップが発生。
電池を抜いて強制電源OFF、その後再起動すれば使えていたので
  ま、所詮フリーのOSだからこんなものか。
  Linuxも初めて使ったカーネルバージョン2.0.34はよく固まったり
  カーネルパニックを起こしたからな。
などとあまり気にしていなかった。





所詮おもちゃだし。

結局屋外に持ち歩くような使い方はせず、自宅内で気が向いたら
電源を入れる程度の使い方だったのだが1年半が過ぎた頃から状況が変わった。
とても悪化した。

電源を入れてしばらく使っているとハングアップ。
戻る/メニュー/ホームボタンが同時に3回点滅後再起動。
SoftBankのロゴが出た後DELLのロゴが出てホーム画面が表示される。
再起動癖がついた、というヤツか。

しかしさらにその半年後、この症状がますます悪化した。
戻る/メニュー/ホームボタンが同時に3回点滅後再起動。
SoftBankのロゴが出た後DELLのロゴが出てホーム画面が表示される。
ここまでは同じだがそのまま使用して何かの拍子に2回目の
再起動が掛かるとSoftBankのロゴが出たままハングアップ。
電源ボタン長押しでも電源が切れず、電池を抜く以外の操作を
一切受け付けず。
そして最悪なのが、2回目の再起動に失敗して電池を抜いた後。
電池を抜いたまま6時間以上放置しないとブートすらしない。
電池への充電も行われない。

なんだこれは?

3回点滅後再起動を誘発するトリガーは分かった。
現在地を取得するためGPSの信号を受信しにいくと
100%確実に再起動する。
Google MapやEvernoteなど、GPSが絡むアプリを立ち上げると即固まる。

ネットの様々な報告や書き込みを見てもそのような事例は無い。
システム領域が格納されているマイクロSDカードの不具合で
起動不良になる事例は数例拝見したがGPS云々は無い。

嫌になってしまったので机の引き出しにしまいこんだまま
見向きもしなかったのだが、知らないうちに周囲の状況が変わった。
スマートフォン全盛時代が到来、各キャリアが様々なベンダーの
スマホを市場に投入。
旧機種の価格はどんどん下落し、DELL STREAK 001DL、ジャンク品であれば
3,000~4,000円で落札出来ることが分かった。

ならばと思い、順繰りに2台落札。2014年4月には合計3台の所有となった。
d0233316_22433033.jpg

上は液晶パネル割れ品。画面表示が判別できないので完全ジャンク扱い。
真ん中の赤いのは動作自体は普通。ただし本体側のDockコネクタが破損しており、
内蔵電池に充電できないシロモノ。
下は最初に入手して駄目駄目さにあきれてしまった個体。
d0233316_22441511.jpg


液晶パネル割れ品はどうやら電池の充電は出来たので
 液晶パネル割れ品で充電
 充電できた電池を赤い端末に入れて使用
という不思議な方法でしばらく運用していた。
どうせゲームはしないしこやつで写真も撮影しない。
音楽を聴くか動画を見るくらいなのであまり差し支えは無い。
最初に入手した個体はそのまま放置。

続く

愛知県安城市 自宅にて
オリンパス E-410
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
by jpn2282 | 2015-01-04 22:46 | 修理
<< 暗い泥井戸との格闘-DELL ... 愛知県碧南市の妙福寺参拝 >>