ラジエータ交換:完了編
ラジエータ交換:発覚→手配→検品編 はこちら
ラジエータ交換:作業編 はこちら

さ、新古品のラジエータをサクサク組んでしまおう。
d0233316_22263837.jpg





ここで妙なものを発見。
ねじ山に段差が。
d0233316_2227836.jpg

転造でおねじを立てていると思うがこんなのありか?
ねじにも関わりある仕事をしているが、こんなねじ山は初めて見た。
大丈夫か、富士重工?
世間ではこの程度の段差、当たり前?
ま、見なかったことにしておくか。

ファンシュラウドの隅に隙間テープを貼り付け、側面から空気を吸わないよう配慮。
d0233316_22273558.jpg




ラジエータの横はこんな感じにすいている。
d0233316_22281445.jpg




ファンシュラウドとラジエータを組むと、ちょうど隙間テープがはまり、いい感じに。
d0233316_22284079.jpg




使ったテープはこれ。ブランド品を奢ってみた。
d0233316_2228562.jpg





上縁と下縁にも元のラジエータを参考に貼った。
この写真は降載した水洩れラジエータ(見りゃわかるか)。
d0233316_22291523.jpg




堆積物をまとったウォーターインレット。アルミダイカスト製。
この堆積物を落とすのに一苦労。
d0233316_22293524.jpg




ずいぶんいい加減だがこんなところで勘弁してやろう。
洩れませんように!
d0233316_22294938.jpg





ハウジング内の交換前のサーモスタット。
d0233316_2230574.jpg





サーモスタット単品。無条件で交換。
d0233316_22302796.jpg





サーモハウジングはこんな感じ。分解せず、インレットのシール面を清掃のみ。
d0233316_22305055.jpg




新品のサーモスタットをセット。ジグル弁は当然上向き。
d0233316_2231958.jpg




ウォーターインレットはこんな具合。
d0233316_22313099.jpg

アウトレットと同じような惨状。
こちらは分解せず、サンドペーパーで堆積物を削り落としただけ。
(この写真は削る前)
d0233316_22315984.jpg





ここからはサクサク進める。
ラジエータを搭載し、
d0233316_22323057.jpg





静電気放電用アルミテープを貼ったアンダーカバーを組み、
d0233316_22324521.jpg




エンジンカバーを組み付けて終了。
いや、LLCを補給してささっとエア抜きをしてやっと完了。
d0233316_2233762.jpg




とっぷりと日も暮れたが近所のバイパスをぶんぶん走り、
水洩れはなさそう。よしよし。
エア抜きは・・・。
駄目。
さすが水平対向エンジン、ヒーターコア内の空気が全然抜けない。
ま、しばらく様子見だな。
d0233316_22332970.jpg




機械いじりを十分堪能した1日だった。
満足満足。

愛知県安城市 実家にて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
[PR]
by jpn2282 | 2016-12-10 23:56 | 修理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ruruta.exblog.jp/tb/23727490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2016年 第49回安城シティ... ラジエータ交換:作業編 >>