カテゴリ:海( 14 )
2016年 海の日
2016年7月18日 海の日
伊良湖岬より遠州灘を望む
d0233316_13173147.jpg

カンカン照りの元、海沿いをカメラ担いで
えっちらおっちらジョギング。
止まってはカメラを取り出して撮影を
繰り返していたら、10km走るのに2時間超。
何をしているんだか・・・。

2015年7月18日 伊良湖岬にて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
[PR]
by jpn2282 | 2016-07-23 13:17 | | Trackback | Comments(0)
その手が凍えてしまわないように
季節はずれの海水浴場、おまけに夕暮れ。
とても寂しい。

d0233316_23224199.jpg


愛知県知多郡南知多町内海にて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
[PR]
by jpn2282 | 2015-12-26 23:33 | | Trackback | Comments(4)
2015年 おまけのご褒美クルージング
2015年9月19日
春に開催された会社の駅伝大会に出場、優勝商品が三河湾クルーズ。
昨年(その1その2その3)に続き今年もチームのクルージング選抜メンバーで行ってきた。

船は何フィートだったか失念・・・。
見た目28フィートくらい。
d0233316_1835131.jpg

某自動車メーカーのディーゼルエンジンを2機掛け。
d0233316_18354710.jpg

d0233316_18361414.jpg


マリーナを出航し、日間賀島西港に入港、着岸。
[PR]
by jpn2282 | 2015-09-29 00:38 | | Trackback | Comments(0)
春の三河湾クルージングその3-佐久島 → 三河御津マリーナ-
2015年4月11日(土)。
春の三河湾クルージングその1
春の三河湾クルージングその2-カフェ&バー『じょえる』-
の続き、最終回。


安定した南西の風をずっと受けながら機帆走。
書いて機械的いや快適快適。
d0233316_0572539.jpg




スターンから6時の方向を望む。
陽光は初夏を思わせるきらめき。
とてもきれい。
d0233316_0573748.jpg



3時間後、三河御津マリーナに帰港。
船の手仕舞いをしてから下船。
そのころにはとてもきれいな夕日が。
d0233316_0575186.jpg



マリーナのきれいなジャグジーにつかって潮風や汗を落とした。
d0233316_058350.jpg



顔中真っ赤になった日焼けがアレだけどとても楽しゅうございました。
また機会があればぜひお願いします。


愛知県豊川市御津町 三河御津マリーナにて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
[PR]
by jpn2282 | 2015-04-23 23:56 | | Trackback | Comments(2)
春の三河湾クルージングその2-カフェ&バー『じょえる』-
2015年4月11日(土)。
春の三河湾クルージングその1の続き。

三河湾をのんびりクルージング、4時間弱かけて佐久島の東港から
少し離れた桟橋に着岸、上陸。
港のすぐ隣にカフェを見つけ、昼食に。オープンして3週間!
民宿を改装して作ったお店、広くて落ち着く店内。
d0233316_2332572.jpg



不思議なテーブル。
ひょっとして楽器かも、と店員さん。
たしかに珍しい形。
d0233316_2334581.jpg



壁に作り付けの棚はミニチュアお昼寝ハウス!
レジの前にはミニチュアイーストハウスもあった。
d0233316_234524.jpg



珍しい太麺のパスタ。具材は島タコと明太子。
とても美味。
d0233316_2342833.jpg



お店のカウンター席からは夕焼けも見られるそうで、
これからがとても楽しみなカフェ。

島起こしを目指す若者たちが経営するカフェ&バー『じょえる』
末永く頑張れ。
d0233316_2351045.jpg


豊川市の御津マリーナに戻るため出航時間が迫っていたため、
佐久島内をゆっくり散策する時間は無く、そそくさと桟橋に。
でもカモメの駐車場はしっかり撮影。
d0233316_2353238.jpg



お地蔵さん見っけ。
d0233316_2355663.jpg



さ、出航。再び船上の人に。三河御津にハーバーバック!
d0233316_2362169.jpg



続く。

愛知県西尾市一色町 佐久島にて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
[PR]
by jpn2282 | 2015-04-19 00:01 | | Trackback | Comments(2)
春の三河湾クルージングその1-Fisher25 シルキッド-
2015年4月11日(土)。
大学ヨット部の後輩O君のお誘いで三河湾クルージング。
朝、最寄の駅に集合してから車で移動中はずっと小雨が。
愛知県豊川市の三河御津マリーナで船のオーナーHさんと合流、
船とご対面。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

これ?

d0233316_14362429.jpg

・・・・・

・・・・・

・・・・・

めちゃめちゃ懐かしいんですが。

なんと驚いた。
学生時代、ヨット部を引退してから部の先輩の紹介でモーター
クルーザーのクルーのアルバイトで5月から10月の間、
1ケ月に3回ペースで乗船した船と同型。
あの時の船名は「きくII」だった。
船種はなんだっけ、ええっとええっと・・・。

そうそうそう、フィッシャー!!!
夏貸家いや懐かしや(MS-IME、やるな)。
あれから25年の歳月を経てまたここ、愛知で再会するとは。

当時、神戸市の須磨ヨットハーバーから淡路島のサントピアマリーナや
淡輪ヨットハーバー、小豆島に牛窓、いろいろ連れて行っていただいたなぁ。
しかもアルバイトだから日給がもらえたし。
モータークルーザーの名前の通り、機帆走の船だったけどいやいやいや、
懐かしい。
今冷静に考えると学生時代に乗せていただいた「きくII」は確か34ft。

今日乗艇させていただくこちらのシルキッドは25ft。
スターンが若干寸詰まりに感じるのはそのせいだろう。
でもラット周りの雰囲気、キャビンに入る階段、シンク、
バウのバースなどまったく共通。
ラットを握るのは船長のO君。
体調不良の中無理をさせちゃってごめん。
セールを確認するための天窓も、こうだったよなぁ。
d0233316_14372048.jpg



懐かしさがあふれ、否応も無くテンションが上がる。
キャビン入り口の銘板には
  FISHER 25 HULL No.246
  BUILT MAY 1996 BY
  NORTHSHORE YACHT YARDS Ltd
  ITCHENOR ENGLAND
と刻んであった。
こちらはオーナーのHさん。
d0233316_1438459.jpg

穏やかでとても話が面白い方。
学生時代は漕艇部の選手だったそうな。


9時過ぎに出航。曇天。

しかしその後、奇跡的に(?)天気は回復。快適な三河湾クルーズを満喫。
一路佐久島へ。


続く

愛知県豊川市御津町 三河御津マリーナにて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
[PR]
by jpn2282 | 2015-04-18 14:42 | | Trackback | Comments(0)
おまけのご褒美クルージング
d0233316_2313811.jpg

d0233316_23132588.jpg

d0233316_23134957.jpg

d0233316_2314924.jpg


愛知県蒲郡市 ラグナマリーナ → 愛知県知多郡南知多町 日間賀島
PENTAX K-5
DA 1:4 16-45mm
[PR]
by jpn2282 | 2014-06-14 23:15 | | Trackback | Comments(0)
乗り物への耐性
熊本県某所での出張仕事を終えて阿蘇くまもと空港までタクシーを
使ったのだが不覚にも車酔いを起こしてしまった。
朝早いフライトに間に合わせるための慣れない早起きのせいか、
元々あまり乗り物の揺れに強くないせいか、日ごろの疲れか。

最近は珍しいM/T車のタクシーだったがクラッチ操作があまりにも雑。
車両の挙動がいちいちカックンカックンして、三半規管を揺すられた。
物知りで話の面白い運転手さんだったが残念。

おかげで帰りの飛行機も電車も調子がイマイチ。
金曜日の夜、金山総合駅、22時過ぎ。忘年会帰りなのだろう。
千鳥足の方々と共にこちらもうぇ、気持ち悪いとばかりに
よたよた。

さんざんだった。



d0233316_12414161.jpg

写真は先日名古屋港に入港、停泊していた帆船日本丸。
後悔いや航海訓練所所属。

学生時代、乗船実習科に進学すればこの船で遠洋航海に
出られたのだが私は進学しなかった。
でも乗船実習科に進学した先輩、同期、後輩の慰問(?)で
何度も訪れた船。懐かしい。

国際信号旗のP旗が揚がっていた。
港内においては「本船は24時間以内に出航する。総員帰船せよ」だったはず。

ディーゼル船(銀河丸)、タービン船(北斗丸)での航海実習は3度行ったがよく酔った。
航海中はけっこう揺れても大丈夫だったが錨泊中(錨を沈めて海上に停泊中)は
よく船酔いを起こした。
15秒以上の周期の長いふわ~~っとした揺れが駄目。

今回タクシーに揺すられ、気分が悪くなった際に「そういや先月日本丸を撮影したな」
と思いだした。
d0233316_12422589.jpg

時折雲間から覗いた青空に引っ張られ、どアンダーだけど、ま、いいや。


d0233316_12424418.jpg

帆船のブリッジも今では航海用電子機器(主にGPS関係)がズラリと並んでいるのだろうか。
興味がある。

2013年11月11日
愛知県名古屋市 ガーデン埠頭にて
PENTAX K-5
DA 1:4 16-45mm 1,2枚目
DA 1:4-5.6 50-200mm 3枚目
[PR]
by jpn2282 | 2013-12-07 12:43 | | Trackback | Comments(6)
デジタルとアナログの間
2012年9月23日(日)。
5時間耐久リレー・マラソンフェスティバルに参加したときのこと。
2回目の走行を終えてたすきを次走者に渡した後、チームのテントに戻りがてら会場の公衆トイレ前の公式掲示板に貼り出されていた、チーム順位(1時間毎の周回数)を見に行った。
お、最初の1時間より順位が上がっている。よしよし。頑張れ!俺以外のみんな!などと感心しながら他チームの順位も見ていたら30歳弱くらいの男女が順位表を見ながらなにやら不審がっていた。

「男性:なんだろ、このD.N.S.って?」
「女性:結構たくさんのチームが書かれちゃってるね。何のことだろ?」

私も出走しているとは言え大会役員の端くれ(本当の端っこだったが)、君たちそれはね、Did Not Start の頭文字で、エントリーはされて費用も振り込んでもらったけどなんらかの理由で今日スタートしていないという意味だよ。出走前に棄権したチーム名と思ってもらってもいいよ。ってな説明をした。

「女性:ええ~~~~!そうなんですか。」
「男性:やばい、うちのチーム。出走した中では下から○番目やん。みんなに発破かけないと。」

そう言うとくだんの男性、ポケットからスマートフォンを取り出した。
そしておもむろに順位表の自チームのあたりを撮影し、
「共有共有、すぐにLINEでみんなと共有」
とのたまった。
同時にこちらは衝撃を受けた。そうか、アレはそうやって使うものなのか・・・。

スマートフォン用のアプリケーションにLINE(ライン)という名前のものがあり、広く開放された=誰からも見えてしまうSNSとは一線を画し、閉じたネットワーク内での情報共有ツールだというのは知っていた。登録した仲間内だけで音声やテキスト、画像などを共有出来るという認識はあった。
だがその用途は今イチ不明だった。お遊び用のツールだろうと高をくくっていた。
彼は、LINEに登録されている(であろう)チームのメンバーにやばいぞ~!などといったコメントと共に順位表の写真を送ったのだろう。それを見た仲間たちの反応はどんなだろうか。

公式掲示板で自チームの記録を見た私がそれをチームの皆に伝えようと考えたら
1)必死で覚えて皆に伝える
2)紙や手のひらにメモして皆の前で読み上げる
3)デジタルカメラで撮影して皆に見せる
のどれかを実行しただろう。なんとアナログな方法。でも恐らく20世紀中はこんな方法くらいしか無かったと思う。
しかし今は21世紀。時代は変わった。若者たちがデジタルツールをすんなりと、便利に使いこなす時代になった。携帯電話なぞ通話とメールの送受信が出来れば他の機能はいらない。ガラパゴスの何がいかん?と思っていたが今はどうやら状況が違うようだ。
なるほどこうしてスマートフォンはさらに普及していくのだなと感じた。ようやく自分の中で21世紀が到来したことを感じた一コマだった。




d0233316_23554378.jpg

写真は上記5時間耐久マラソンとは別の日、南知多町の内海での地引網に参加した後、浜辺を散歩していて見つけたメッセージ。恋人どうしで訪れたのだろうか、二人のイニシャルも仲良く並んで書いてある。
心温まる風景だった。アナログの表現も捨てたもんじゃない。

愛知県知多郡南知多町大字内海にて
PENTAX *ist D
DA 1:4 16-45mm
[PR]
by jpn2282 | 2012-11-24 23:56 | | Trackback | Comments(7)
接続の夢
昨日の朝はジョギングでJR朝霧駅付近から淡路島行きのタコフェリー乗り場
まで走った。往復で大体5.4km。
今朝はどうしようかと思ったが、昨日が西行きなら今日は東行きだ。
目指せ、舞子の明石海峡大橋。見た目そんなに遠くなさそう、橋が巨大だから近くに見えるのか?
Mapion の距離計測サービス、キョリ測ベータ版で調べると往復で6.2km。まあまあの距離。

1時間ほどかけてゆっくり走ったのには訳がある。
後で明石大橋の写真を撮りに行こうとたくらんで道すがらあちこちをキョロキョロしていたから。
本当は姫路市の網干区に工場の夜景を撮影に行きたかったのだが
子供と犬を連れて行くならいいとの無理難題を押し付けられ、あえなく断念。
仕方なく以前撮影したことのあるこの橋に向かった。

走りながらの探索なので小回りはとてもよく効く。
この石垣の間を抜けると・・・
d0233316_21122255.jpg



ド~~~ン!と広がる明石海峡と明石海峡大橋。これはいい。
d0233316_21124190.jpg



この大橋の本州側のこのあたり、兵庫県立舞子公園として綺麗に整備されている。
我々が学生時代(25年前)は移情閣(孫文記念館)、舞子タワー、マクドナルドがあった
くらいだったが現在は隔世の感。
釣り人はわんさかいらっしゃるし次々に訪れる観光バスからは日本、中国、韓国と
様々な言葉が聞こえる。時代は変わるなぁ。
真下から見渡すとこんな風。すっごい橋が出来たもんだ。
d0233316_2113323.jpg



舞子公園とその周辺、自転車に乗ってカメラをかついで1日のんびり巡ってみたい
と思わせる、いい所だった。幸い天気にも恵まれたし。
地元の方々が羨ましい。
d0233316_21162380.jpg



神戸市垂水区東舞子町
兵庫県立舞子公園にて
PENTAX *ist D
DA 1:4 16-45mm



P.S.
この後、番犬リキは背後の波に・・・
d0233316_21133222.jpg

[PR]
by jpn2282 | 2012-07-15 21:21 | | Trackback | Comments(2)