人気ブログランキング |
<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2015年 おまけのご褒美クルージング
2015年9月19日
春に開催された会社の駅伝大会に出場、優勝商品が三河湾クルーズ。
昨年(その1その2その3)に続き今年もチームのクルージング選抜メンバーで行ってきた。

船は何フィートだったか失念・・・。
見た目28フィートくらい。
d0233316_1835131.jpg

某自動車メーカーのディーゼルエンジンを2機掛け。
d0233316_18354710.jpg

d0233316_18361414.jpg


マリーナを出航し、日間賀島西港に入港、着岸。
by jpn2282 | 2015-09-29 00:38 | | Comments(0)
2015年 第14回安城5時間耐久リレー・マラソンフェスティバル
見ず知らずのランナーさんをハイタッチで迎える参加者の皆さん。
d0233316_22135650.jpg


最終ランナーとチーム全員で伴走、揃ってフィニッシュ。
d0233316_22142511.jpg


こちらはご家族のチームだろうか。
最終ランナーのお父さんを先頭に息子さん、お母さん、娘さんと伴走、フィニッシュ。
d0233316_22145676.jpg




13時20分過ぎ頃からだろう。
出場チームの各選手の走行ペースが俄然上がるのがはっきりと分かる。
朝9時スタートのこのお祭り、残り40分。

そして残り15分ともなるとますますそのペースが上がり、
皆さん必死の形相でさらに速度を上げて駆け抜けていく。

個人の部に出場してたった一人で走り続けている方々も
最後の最後、ほぼ使い果たした体力を、強靭な精神力いや
やせ我慢でさらに搾り出して駆けていく。

セイコーのスポーツ用大型時計がついに5:00:00を
表示するとともに号砲が鳴り渡り、お祭りは終わった。

曇天、高湿度、その後真っ青な快晴。
やはりフィニッシュ時はこうでなくては。

青空の下、5時間の時を刻んだ時計と共に記念撮影される方々。
満足気な表情がなぜか我々も誇らしい。
d0233316_22154827.jpg


本部前、そしてゴールを兼ねる横断幕前でチームと応援の皆さんで記念撮影。
笑顔と青空がまぶしい!
d0233316_22161813.jpg




公式記録はこちら


参加してくれた選手、応援の皆様。
本当にありがとうございました。

主旨を理解した上でボランティアを買って出てくれた皆様。
お疲れ様でした。ありがとうございました。

おかげさまで第14回安城5時間耐久リレー・マラソンフェスティバル、
大きな怪我など無く、無事終了することが出来ました。
(終了後、足の痙攣を訴えておられたランナーさん。無事に帰宅できましたでしょうか。)

これまで長きにわたり、このお祭りを企画・実行してきた同好会の重鎮の方々もホッと一安心。

しばし休んだ後に同好会のみんなで来年の話をぼちぼちしていきましょう
永らく、本当にお疲れ様でした。

P.S.
当方が勝手に撮影した写真を勝手にアップロードしています。
肖像権は写りこんでいる個々人に帰属しますので
掲載した写真に不都合などありましたら鍵コメントで構いませんのでご一報下さい。
出来る限り速やかに対処します。

愛知県安城市 総合運動公園 とんがり広場にて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
by jpn2282 | 2015-09-27 22:24 | レース | Comments(0)
いよいよ明日:2015年 第14回安城5時間耐久リレー・マラソンフェスティバル
13時に集合して同好会の皆さん総出で明日の準備だったのだが
昼イチから突発の用事が発生し、何とか片付けてから
会場の公園に向かったが15時30分到着。
あらかた準備は終わっており、お手伝いすることなく解散。
準備に集まった皆さんごめんなさい。
確か去年もこんなんだった・・・。
d0233316_19415098.jpg




大会の参加受付所兼、我が同好会の控え場所。
d0233316_19421041.jpg




大会本部前の横断幕。
ここの横断幕は今日から明日の大会終了までこのまま。
d0233316_19423955.jpg



シャワーも完備(?)。
晴天なら活躍するかも。
今年も同好会の会長お手製。
d0233316_1943376.jpg




コース幅が一番狭いところ。
約1.5m幅。
先行者を追い抜く時、そして後続者をやりすごす時は注意が必要。
d0233316_19433154.jpg




いよいよ明日。
d0233316_1944660.jpg

選手の皆さん、応援の皆さん、怪我に気をつけて頑張ってください。
また、運営のお手伝いを快く引き受けて下さったボランティアの皆様。
ありがとうございます。大感謝です。

楽しみましょう。


愛知県安城市 総合運動公園 とんがり広場にて
PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm




P.S.
何とかめでたく14回目を迎えられそうなこの催し。
残念ながら今年で終了の予感。

行政側から
「今年で終わりにして欲しい」
「どうしてもやりたいなら競技場のトラック(400m/周)に場所を変えてくれ」
とのお達しが。

リレーマラソンとは言えトラックをぐるぐる回って楽しいか?

個人で5時間走る方々もおられる。

1周1,060mと400m。

あまりにも違う。

コース上にランナーがあふれて交錯による怪我の恐れも増大する。

会の重鎮の方々は
「リレーマラソン形式は恐らく我々が最初。この大会を参考にあちこちに広がった」
との認識があり、終わらせるのはとても残念そう。

何とか現在のコースで続けたい旨、行政側に平身低頭して
お願いをしているそうだが駄目なものは駄目だと。

続けるのは大変だが終わらせるのは簡単だなぁ。
by jpn2282 | 2015-09-26 19:49 | レース | Comments(0)
ルーブル美術館展番外編-京都霊山護国神社-
ルーブル美術館展-京都市美術館-その1 はこちら
ルーブル美術館展-京都市美術館-その2 はこちら
ルーブル美術館展-京都市美術館-その3 はこちら


京都市美術館を後にして、またバスに揺られ、京都霊山護国神社に移動。

しかし、すごいお客さんだな。
外国からの方々もたくさん。
今日は平日、金曜日の真昼間だぞ。
ま、観光地が賑やかなのは良いことだ。
d0233316_22253855.jpg




京都霊山護国神社に入り、まずパール判事顕彰の碑へ。
ありがとうございました。
その節は本当にお世話になりました。
ご厚情、感謝します。
d0233316_22255963.jpg



そしていよいよ坂本龍馬、中岡慎太郎のお墓参り。
まず銅像。
d0233316_22262717.jpg



そしてお墓。
向かって右から中岡慎太郎、坂本龍馬、そして身の回りの世話をしていた藤吉のお墓も。
d0233316_22264227.jpg



佐幕派も倒幕派も、お互いの理念に素直に、まっすぐに従ったのだろう。
その結果。
一言では片付けられない。
これが歴史の重みか。

銅像からは京都の街の見晴らしがきいている。
d0233316_222762.jpg

維新にかかわったすべての方々、そして英霊の皆さん。
安らかに眠ってください。



京都府京都市東山区 京都霊山護国神社にて

PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
by jpn2282 | 2015-09-12 22:29 | 旅行 | Comments(6)
ルーブル美術館展-京都市美術館-その3
ルーブル美術館展-京都市美術館-その1 はこちら
ルーブル美術館展-京都市美術館-その2 はこちら

たっぷり堪能した後は次の目的地に。
向かう前にそうそう、美術館内を少し撮っておくか。
d0233316_235237100.jpg



ん?
?????
?????
えぇぇぇぇ!!!!!
d0233316_23525589.jpg

フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち‐世界劇場の女性‐ はこちら
《水差しを持つ女》初来日
会期:2015年10月24日(土)~2016年1月5日(火)

すごいな、京都市美術館。
間髪入れずにまた。
しかも日本初公開。

どれどれ、青春18きっぷはと・・・。
 2015年冬季
 ・発売期間 12月1日から12月31日
 ・利用期間 12月10日から1月10日

行けるやん。
また一つ楽しみが。

京都市左京区 京都市美術館にて

PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
by jpn2282 | 2015-09-07 23:56 | 展覧会 | Comments(2)
ルーブル美術館展-京都市美術館-その2
ルーブル美術館展-京都市美術館-その1 はこちら

いつも通り、入館後いきなり奥へ奥へ。
そして真っ先にご対面。

ヨハネス・フェルメール作 《天文学者》
d0233316_2241761.jpg

写真は2012年8月19日、フェルメール・センター銀座で撮影

見た瞬間に「あぁ、これは違う絵だな」と感じた。
by jpn2282 | 2015-09-05 22:22 | 展覧会 | Comments(6)
ルーブル美術館展-京都市美術館-その1
2015年9月4日(金)。
有給休暇取得。
04:20 起床。目覚ましに10分勝った!
05:25 定刻どおり車中の人に。今日は1日乗り放題。
    窓から景色を眺めたり本を読んだり居眠りしたり。
08:42 京都駅到着。
08:50 出発直前のバスに飛び乗り、岡崎公園・美術館へ
09:25 入館

電車の中で思ったほど眠れなかったけどここまで来ると
テンションが上がって元気いっぱいに。

京都市美術館 ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
いよいよ。

d0233316_12591012.jpg

d0233316_12592842.jpg

京都市下京区 JR京都駅にて


d0233316_12594520.jpg

京都市左京区 京都市美術館にて

PENTAX K-5
DA 1:3.5-5.6 16-85mm
by jpn2282 | 2015-09-04 23:56 | 展覧会 | Comments(4)